インプラントの問題とは?経験者に聞いてみた!

>

インプラントの抱える問題とは

個々人に大きく左右される

先ほどインプラントのリスクについてお話したときに手術のことをお話ししました。そう、インプラント治療は患者さんの体質によって使われるものが少しずつ変わります。決して万能ではありません!まれに、体質の問題でインプラントができないというケースもあります。例えば、インプラントをする予定の付近の骨が弱まっていたりするとインプラントをしてもいくら安定性に評価があるインプラントでもグラグラと揺れてしまうのです。その例として、骨粗しょう症や糖尿病の薬によるものがあります。このような症例が当てはまる人には手術ができないこともあるのです。
そのほかの要因として、子供のようなあごの骨が安定していない人や妊婦さんなどはできません。

定期的に気を使わなければならない

インプラント手術の後には定期的なメンテナンスが必要とされています。手術を無事に乗り切ればそれで終わりではないのです。細かい歯磨きはもちろんのこと、数か月に一度のペースで歯科医に口腔内のメンテナンスをしてもらう必要があります。少しでも気を抜くとその周りから歯周病になってしまったりして結局意味がなくなってしまったという人もいるそうです。
また、それに似たようなことが原因である人は口臭がひどくなったりするような人もいるそうです。細かな歯の気遣い、とても重要なことですがついついだらけてしまったりしてそのような痛い目を見る人がいます。もしも、自分がインプラント手術を受けたなら面倒なことでもきちんとケアをしましょう!


この記事をシェアする